MENU

B.C.A.D.の使用方法についてご紹介します。

スキンケア用品の効果をしっかり時間するためには、正しい使い方をすることが重要です。 B.C.A.D.の使い方についてご紹介しましょう。

 

B.C.A.D. クレンジングの使い方

乾いた手にポンプ2プッシュ程度を取って顔全体にのばします。指の滑りが良くなったというのは汚れなどが馴染んだという証でもあるため、そのような状態になったらぬるま湯で優しく洗い流しましょう。

 

B.C.A.D. 洗顔料の使い方

まず、利き手とは反対側の手にチューブから約2cm ほど出します。少しずつ水を加えながら利き手で伸ばしていきましょう。

 

このときに、手のひらは器のようにくぼませるのがポイントです。弾力のある泡を作ることがポイントなので、自分の手だけでうまく泡が作れないという場合は洗顔ネットなどを使うのも良いでしょう。

 

B.C.A.D.の洗顔料はとても弾力があるため、洗顔料を泡立てるのが苦手という方でも弾力のある泡を作ることができるはずです。

 

しっかりとした泡ができたらそのまま顔にのせるのではなく、手のひらで潰すようにしてきめの細かい泡を作っていきます。

 

これを顔に乗せたら泡を転がすようにして洗いましょう。弾力のある泡が作れていないとここで肌に無駄な刺激を与えてしまうことにもなるので注意しなければなりません。

 

入浴ついでに顔を洗う場合にはデコルテまで洗うのがおすすめです。

 

20回ほどすすいだらタオルで優しく押さえて水分をふき取りましょう。

 

B.C.A.D. 化粧水の使い方

洗顔後に500円硬貨大を手のひらにとり、手のひら全体になじませたら顔の中心から外側へ向かって大きく円をかくように伸ばしましょう。これを再度繰り返し、肌全体がうるおうまで続けます。

 

ポイントは最後に手のひらを使ってハンドプレスするということ。これを行うことにより化粧水が肌の奥に浸透します。

 

B.C.A.D. 美容液の使い方

化粧水のあとに使います。1円玉大を手のひらに出したら反対側の手の中指と薬指を使ってハリを与えたいところに丁寧になじませていきましょう。

 

最後に手のひら全体を使って顔を覆い、ハンドプレスします。

 

B.C.A.D. クリームの使い方

お手入れの最後に利用します。パール粒1〜2個分を取り、頬から顔全体に向かって薄く伸ばしましょう。乾燥しやすいところから置いていくと良いですね。

 

特に乾燥が気になる部分には重ねて使いましょう。手のひらを使って滑らせるようになじませたら完了です。

B.C.A.D.


まずはお得なトライアルキットで効果を実感


B.C.A.D.の公式サイトはこちら